アスカ薬局茅ヶ崎本店

  • 【 概 要 】
  • 開設者:有限会社 サン・メディカル 代表取締役 花島邦彦 管理薬剤師:亀山 賢司
  • 開局:1999年(平成11年)3月15日
  • 【営業時間】
  • 月~金 9:00~19:00
  • 土 9:00~17:00
  • 【定 休 日】
  • 日曜日、国民の祝日およびその振替休日、12月30日午後~1月3日
アスカ薬局 外観
アスカ薬局 店舗1
アスカ薬局 店舗2
アスカ薬局 薬袋

地域医薬分業が進む中、本当に患者さんのための医薬分業、患者さんの視点に立った医薬分業の姿を追求しております。

薬剤師7名、事務職員3名体制で、正確で迅速な調剤を提供し、患者様のニーズにお応えできるよう努めております。

アスカ薬局は、茅ヶ崎徳洲会総合病院、茅ヶ崎市立病院をはじめ、日本全国の病院、クリニック、歯科医院、どちらの医療機関の処方せんでも受け付けております。

現在、1カ月に100を超える医療機関の処方せんを応需しております。 当薬局では2000品目以上の医薬品を備蓄し、ほとんどの処方に対応できるよう準備しておりますが、時に在庫していない医薬品が処方される場合もあります。その場合はできるだけ早急にお取り寄せ致します。多少お時間を戴くことをご理解願います。

【オリジナル薬袋】

アスカ薬局では、処方されたお薬をお薬の写真とお薬の効能が印刷されたオリジナルの薬袋に入れてお渡ししております。

お薬を飲む時に、薬の効能を確認することができます。

また、お薬を別の袋に戻してしまい飲み間違いを起こすといった事故を防ぐこともできます。

【ジェネリック薬品について】

アスカ薬局では、ジェネリック薬品(後発医薬品)の使用促進に努めております。

ジェネリック薬品に関することは何でも薬剤師にご相談下さい。

 ジェネリック薬品について(外部リンク)

我が国の社会保障費は毎年増加の一途をたどり、国の財政は逼迫しております。このままの状態が続くと、日本の経済は破綻しかねない状況です。

この緊急事態を少しでも改善するために、国では患者様にジェネリック薬品(後発医薬品)の使用を奨めております。

当薬局でも、医療費の自己負担金がある患者様に対し、ジェネリック薬品を希望するかどうか確認させていただき、同意して下さった患者様にはジェネリック薬品を調剤させていただいております。

これ以上医療費が増大すると、保険料の増額だけでは補いきれなくなり、消費税の税率アップや、現在自己負担金の無い患者様にも負担をお願いするような事態が予測されます。

現在医療費の自己負担金が無い患者様におかれましても、以上のような状況をご理解して頂き、ジェネリック薬品を使用しても構わないという方は、受付または薬剤師までお伝えください。

今後も現行の医療保険制度が維持できるようご協力をお願い致します。

【薬学生実習受入について】

当薬局では、薬剤師養成教育の一環として薬学生(薬学部5年生)の実務実習を行っています。

薬剤師の指導・監督のもと、実習生が業務の一部を行います。

ご理解とご協力をお願いいたします。ご意見等ございましたら、ご遠慮なくお申し出ください。

【保険調剤以外の主な取扱商品】

  • 一般用医薬品(OTC):要指導医薬品、第1類~第3類、医薬部外品
  • 血糖測定用電極、穿刺針、穿刺器具。(血糖測定器はお取り寄せになります)
  • ピークフローメーター
  • 大人用おむつ
  • マービー
  • ノブ製品取扱店 
  • 「ヒーラル・インファーマ」取扱店 (ヒーラル・インファーマの製品は、薬剤師に直接ご相談いただける保険薬局でのみのお取り扱いとなります。)

アスカ薬局

Copyright © 2017-. All Rights Reserved. 協同組合 藤沢薬業協会