登録販売者ワンポイント講座〜「虫さされ・痒み止め用薬、虫除け薬」

〜薬剤師 今井 孝浩〜

虫刺されの主な症状は、痛み、かゆみ、その他に腫れや発赤、水ぶくれなどのアレルギー反応である

●アレルギー反応

即時型 虫に刺されて直ぐに痒み、腫れ、紅班、ショック
遅延型 虫に刺されて直ぐに痒み、腫れ、紅班、ショック

●痒み止め用薬

痒み 抗ヒスタミン薬
炎症を伴う 副腎皮質ステロイド

●原因虫

吸血 蚊、ノミ、ブユ、アブ、ダニ
刺す アリ、ハチ
接触 毒蛾、毛虫
咬む クモ、ムカデ

●虫除け

蚊など吸血害虫は動物の呼気や皮膚呼吸により放出する炭酸ガス(CO2)を感知することで吸血源を探知する。

○虫除け(ディート)の虫除け効果

ディートは塗布した皮膚から蒸散し、蚊などの触覚に作用、炭酸ガスを感知しにくくする。
(アリ、ハチ、ムカデ、毛虫など、炭酸ガス誘引性でない虫には効果がない)

ディート 広範囲の吸血性節足動物に有効 皮膚刺激、合成繊維に影響.使用に対して年齢制限
イカリジン ディートに比べ皮膚刺激・合成繊維に対する影響少ない

ディートの年齢制限

12%以下 30%
6ヶ月未満 使用しない 使用しない
6ヶ月以上2歳未満 1日1回
2歳以上12歳未満 1日1~3回