漢方の相談室~身体の内側からスキンケア

人の見た目年齢を決めるポイントの一つが肌の状態です。皮膚の一番外側は表皮と呼ばれ、常に新しい細胞が作られています。古い細胞は新しい細胞に押し上げられ、最終的には角質となり垢としてはがれ落ちます。この一連の過程をターンオーバーと呼び、約6週間で全ての細胞が入れ替わります。

近年の研究では毛細血管の働きが衰えこのターンオーバーに必要な栄養を送り届けたり老廃物を回収することができなくなると、シワやシミを始め様々な皮膚疾患の原因になることがわかってきました。化粧品や外用剤などによる皮膚表面からのスキンケアは重要ですが、血液の質を高め流れを活性化させることも、とても重要です。食事や運動、生活習慣の見直しが第一ですが、適切な漢方薬や健康食品で補うことで、より効果的なアンチエイジングが期待できます。

『漢方の相談室』一覧へもどる

※これらの『おくすり相談事例』は薬剤師・鍼灸師の福島勇二先生が湘南朝日に連載したコラム『漢方の相談室』より転載したダイジェスト版です。