漢方の相談室~INDEX

※これらの『おくすり相談事例』は薬剤師・鍼灸師の福島勇二先生が湘南朝日に連載したコラム『漢方の相談室』より転載したダイジェスト版です。

直近の掲載コラム

生脈散

聴力低下とめまい

ストレスによる蕁麻疹

「紅豆杉」で免疫力を強化

冷えによる生理痛

エコノミー症候群の予防

高齢者の膀胱炎

小児のアトピー性皮膚炎

認知症の予防

病気をしない健康法

統合失調症

ニキビ

痛風発作とその予防

喘息と花粉症

fukushima

“漢方の相談室~INDEX”の続きを見る

薬の基礎知識~INDEX

薬と上手に付き合うための基礎知識(20):抗生物質・抗菌薬編 

薬と上手に付き合うための基礎知識(19):男性のトイレに係る薬

薬と上手に付き合うための基礎知識(18):睡眠薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(17):胃薬(胃腸機能調整薬)編

薬と上手に付き合うための基礎知識(16):胃薬(消化性潰瘍治療薬)編

薬と上手に付き合うための基礎知識(15):消毒薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(14):抗血栓薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(13):手指消毒薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(12):服用補助製品編

薬と上手に付き合うための基礎知識(11):吸入薬(エアゾール剤)編

薬と上手に付き合うための基礎知識(10):吸入薬(ドライパウダー)編

薬と上手に付き合うための基礎知識(9):肛門坐薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(8):点耳薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(7):点鼻薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(6):うがい薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(5):貼付剤編

薬と上手に付き合うための基礎知識(4):点眼薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(3):塗布薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(2):お薬服用編

薬と上手に付き合うための基礎知識(1)

ジェネリック医薬品II

ジェネリック医薬品Q&A

OTC薬って何?

登録販売者試験キーワード講座〜「人体の構造と働きⅠ(消化器系・呼吸器系)」

〜薬剤師 今井 孝浩〜

例)

人の体の一番小さい単位が( ① )で、細胞が集まって( ② )を作り、組織が集まって、特定の働きをする( ③ )を形成、器官が集まって協働し、一つの機能を持ったものを( ④ )と言う。

①細胞

②組織

③器官

  • ○胃・腸、肝臓、肺、心臓、腎臓等、内臓器官
  • ○目・鼻・耳等、感覚器官
  • ○皮膚、骨・関節、筋肉等、運動器官
  • ○脳や神経器官

④器官系

●消化器系

食べ物を消化して生命維持に必要な栄養分を吸収し、残ったものを排出する器官。
口腔から肛門まで続く約9mの管。消化には消化腺から分泌される消化液による化学的消化と消化管等の運動による機械的消化がある。

  • 口腔:歯「歯根・歯茎・歯冠・エナメル質・象牙質」エナメル質は体で最も硬い部分。
  • 咽頭:喉頭より上にあり、食道と気管の交わるところ(両方に属す)。
  • 食道:上下端に内容物の逆流を防ぐ括約筋、消化液の分泌無い。
  • 胃:胃酸・ペプシノーゲン・ペプシン(タンパク質を分解)・ペプトン・胃粘液。
  • 小腸:6~7m、十二指腸・空腸・回腸、絨毛有。
  • 大腸:1.5m、盲腸・虫垂・上行結腸・横行結腸・下行結腸・S字結腸・直腸、絨毛無い。
  • 消化腺:膵臓「弱アルカリ・膵液・血糖値を調整するホルモン(インスリン・グルカゴン)」。
        
    • 胆嚢「胆汁を濃縮して蓄える(胆汁は肝臓で作られる.)」
    • 脾臓「血液から古くなった赤血球を処理」
    • 肝臓「胆汁生産、アミノ酸生合成(必須アミノ酸以外)、グリコーゲン貯蔵、脂溶性・水溶性ビタミン(B6/B12等)の貯蔵、有害物質を代謝(アンモニア→尿素・アルコール→アセトアルデヒド→酢酸)
    • 消化:
      でんぷん(炭水化物)
      「ブチアリン(唾液アミラーゼ)、デキストリン、麦芽糖、アミラーゼ)、ブドウ糖、グリコーゲン」
      タンパク質
      「ペプシン。ペプトン、トリプシン、アミノ酸」
      脂質
      「トリグリセリド、リパーゼ、脂質に再形成、乳状脂粒(カイロミクロン)」
    •     

●呼吸器系

呼吸「空気と血液とのガス交換」を行う。

  • 上気道:「鼻腔、咽頭(消化管と気道の両方に属す)、喉頭)」
  • 下気道:「気管、気管支(肺胞・血液中の二酸化炭素と呼気中の酸素とのガス交換、肺(筋組織は無く、横隔膜・肋間筋により拡張・収縮」

○循環器系

○泌尿器系

○脳・神経系

薬の休憩室(第20回):~湯河原のパワースポット

(Y.M)

一泊二日で知り合いの湯河原温泉の大野屋旅館に泊まり、パワーを貰いリフレッシュしてきました。もちろん露店風呂と食事も湯河原パワーの源です。

一般社団法人湯河原温泉観光協会

幕岩パワー 幕山公園駐車場有

ygw01

頼朝主従に危機が次々に襲ってきた山中では、土肥の大杉・小道地蔵(頼朝寺)・しとどの窟などで危機を乗り切りました。奇跡を起こした頼朝を見守った幕山公園の幕岩は、マグマと直結する柱状節理で大地のエネルギーが露出しています。

楠木パワー 五所神社駐車場有

ygw02

五所神社の鳥居をくぐり階段を登ると右側に聳える樹齢約850年の御神木の楠が有ります。天照大神 (あまてらすおおみかみ)の力を授かり大樹に育ち御神木となり神社を訪れる方に健康・長寿・ボケ防止の力を与えると云われております。
樹齢推定850年 樹高36m 胸高周囲8.2m

柏槙(びゃくしん)パワー 成願寺駐車場有

ygw03

城願寺の柏槙(びゃくしん)は土肥実平の手植えの木と云われ、この寺には土肥一族の墓所などがあります。源頼朝や土肥実平らが平家討伐の出陣を見守り、石橋山合戦に敗れ山中に逃れた頼朝主従七騎が無事に房総半島へ逃れるのを見守った樹齢800年の国指定天然記念物です。

しとどの窟のパワー 椿ライン駐車場より徒歩15分

ygw04
ygw05

石橋山の合戦に敗れた頼朝が土肥実平と共に再起をうかがって潜んでいた岩屋です。昼なお暗い岩窟と苔むした岩肌に上から湧き水が10m流れ落ちています。

天照山パワー 天照山バス停の駐車場より徒歩20分

ygw06

落差およそ30mの絹糸を流したように美しい滝「白雲の滝」(はくうんのたき)から10分下山すると天照山神社に着きます。神社の横には、こちらは去来する人生の思いを忍ぶ山伏修行の滝の「去来の滝」(きょらいのたき)があります。

薬と上手に付き合うための基礎知識(20)

〜薬剤師~金子 昌弘〜

抗生物質・抗菌薬編

A群β溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症や百日咳、中等症または重症の急性鼻副鼻腔炎など細菌が原因で起こる感染症に対して抗生物質・抗菌薬が使われます。…今回は病名や病状が記載されていることに気付かれたでしょうか?

“風邪をひいたようなので抗生物質をください!”…抗生物質を以前風邪などで服用したことがある方は多いと思います。しかし今、抗生物質・抗菌薬は慎重に使用するようにと使用基準を厳しく改めています。

風邪の原因の多くはウイルス感染であり、抗生物質・抗菌薬は効きません。抗生物質・抗菌薬は細菌感染を治療する薬です。※1 今回は抗生物質・抗菌薬と処方された薬の正しい使い方について紹介します。

抗生物質・抗菌薬の選択と働き

細菌検査を行い起炎菌が断定されれば、その細菌に対して最も有効な薬剤を選べますが、細菌の種類によって時間がかかる場合があります。急を要する場合では、

①症状を起こしている感染症に対して、起炎菌はどのようなものが多いか

②その細菌に対して耐性頻度の少ない薬剤は何か

③感染を起こしている部位に移行しやすい薬剤は何か

④使用する患者さんの生理機能などを考慮して副作用の少ない薬剤かどうか、などを医師が症状から判断して薬剤を選択して使用します。

また抗生物質の効き方には細菌を直接殺す殺菌タイプと細菌の増殖を抑える静菌タイプに分かれます。細菌の細胞壁を合成する酵素を抑えて細胞壁の合成を抑える薬剤や、細菌のリボソーム(mRNAから蛋白質を合成する反応を行う細胞内小器官)に結合して蛋白合成を抑える薬剤、細菌のDNA複製を阻害する薬剤などに分類されます。

主な抗生物質・抗菌薬の分類

前立腺肥大症薬 抗菌の作用 主な商品名(一般名)
交感神経選択的α1阻害薬 細胞壁合成阻害薬 アモキシシリン、アンピシリン
セフェム系 細胞壁合成阻害薬 セフカペンピボキシル、セフジトレンピボキシル
カルバペネム系 細胞壁合成阻害薬 テビペネムピボキシル
ホスホマイシン 細胞壁合成阻害薬 ホスホマイシン
アミノグリコシド系 蛋白合成阻害薬 ゲンタマイシン
マクロライド系 蛋白合成阻害薬 クラリスロマイシン、アジスロマイシン
テトラサイクリン系 蛋白合成阻害薬 ミノサイクリン、ドキシサイクリン
リンコマイシン系 蛋白合成阻害薬 クリンダマイシン
ニューキノロン系 DNARNA合成阻害薬 レボフロキサシン、メシル酸ガレノキサシン
ポリペプチド系 細胞膜障害薬 コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム

服用方法と注意点

抗生物質・抗菌薬の服用回数は種類により異なります。薬剤を服用すると吸収されて血液中に含まれ、その後薬剤濃度の最高点(Cmax)になり、代謝・排泄されていきます。

細菌に対して薬物が効くためには血液中の適切な濃度があり、細菌を抑えるための最小発育阻止濃度をMICと言います。薬剤の種類によりCmaxにより効果が高まるものと、MICを長く保つことで効果が高まる薬剤があります。ニューキノロン系はCmaxを高くすることで効果が強くなるため1日に使用する服用量を1回で服用、ペニシリン系やセフェム系はMICを超えた状態を保つことで効果が高まるため1日服用量を複数に分割して服用することが大切です。

抗生物質・抗菌薬を使用するときの注意点

「○○大学病院で抗生剤の効かない△△耐性菌が検出されました」と言うニュースなどを聞いたことがあると思います。今医療界ではAMR(病原体が変化して抗生物質・抗菌薬が効かなくなること:Antimicrobial Resistance)の対策が行われています。もしも何も対策を取らないで現在のペースで耐性菌が増加した場合、2050年には1000万人(3秒に1人 ※2)の死亡が想定され、がんによる死亡者数を上回ることが指摘されています。

抗生物質・抗菌薬は、医師が判断して治療に必要な薬剤を、治療に必要な期間分を処方します。服用量と服用期間を守って最後まで服用するようにしてください。

病状がよくなってきたから抗生物質・抗菌薬の服用を自己判断でやめたり、飲み忘れをしないようにしてください。また残っていた薬を自己判断で使用することも避けなければなりません。アレルギー反応などの副作用を起こした場合やその他の副作用により服用を中止にすることもありますが、医師に報告して適切に指示を受けるようにしてください。

腎機能に応じて服用量が変わることもあります

ニューキノロン系の薬剤では腎機能に応じて服用する量を2分の1程度にするもがあり、またセフェム系の一部やその他の薬も減量する必要があるものがあります。もしも腎機能の低下を指摘されている場合は、医療機関受診時には必ず伝えるようにしてください。

相互作用にも注意が必要です。他剤を服用中の場合は薬剤師に確認を

ニューキノロン系はアルミニウムやマグネシウムを含んだ制酸剤などや鉄剤と同時に服用すると、吸収が低下することがあります。またセフェム系のセフジニルは、鉄剤と同時服用で吸収が約10分の1まで低下します。服用時間をずらして服用することで対処します。クラリスロマイシンでは一部の薬剤とは使用できないものがあるので必ず併用薬は確認することが大事です。

抗生物質・抗菌薬は医師の指示を守り適切に使用することが大切です。有効な服用法や相互作用に注意して、安全に使用していただくために何か不明な点がありましたら、薬剤師に確認して適切に使用するようにしましょう。

※1 厚生労働省 抗生物質・抗菌薬への薬剤耐性対策資材より

※2 英国薬剤耐性に関するレビュー委員会第一次報告(2014年12月)

漢方の相談室~生脈散

7月に入り、暑さも厳しさを増してくる時期となりました。
この時期になると夏バテしてしまい食欲も減退してしまうという方も多いかと思います。

東洋医学では「汗をかくと体の水分だけでなく、元気も失われる」と言われています。適度な発汗なら問題ありませんが、過度な発汗をそのままにしておくと体力が奪われ夏バテの原因となります。「夏場、やたらと汗をかき喉が渇いてしまう」、「夏バテのせいか疲れやすい・食欲がなくなる」そういった方には生脈散がおすすめです。

生脈散という処方名は,体内エネルギーや体に必要な水分の消耗を防ぎ,弱くなった脈を回復するという働きを表しています。この処方は,大量の発汗後の肉体疲労時や消耗性疾患による全身の機能低下を改善します。漢方薬というと長く飲んで効くというイメージが強いですが、この薬は即効性も期待できる漢方薬です。

夏休みで旅行に出かける方も多くなるこの時期。夏バテだけでなく、「移動の疲れからせっかくの旅行なのに食欲がなくなってしまう」、という方の常備薬としても重宝されています。また、大量発汗後の疲労回復を目的として、生脈散をスポーツ後に服用すると翌日に疲れが最小限に抑えることができます。

『漢方の相談室』一覧へもどる

“漢方の相談室~生脈散”の続きを見る

(新)お薬手帳割引キャンペーンについて

締切迫る! 平成30年6月末まで!

昨年に好評でした「(新)お薬手帳割引キャンペーン」を本年度も行います。

通常1冊25円で販売しておりますが、30年6月までに限り、1冊20円で販売いたします。
なお、販売につきましては、50冊単位、利益還元割引の上限は1店舗600冊とさせていただきます。

ご注文は、下記リンクよりFAX申込書をダウンロードいただき、藤沢市薬事センター(FAX23-5898)へお送りください。

また、配送のご希望がありましたら、300冊か600冊でご注文ください。

(新)おくすり手帳FAX申込書(PDF:180KB)

平成30年度 藤沢薬業協会研修旅行のご案内

研修旅行のご案内アーカイヴへ

平素から藤沢薬業協会の業務にご理解、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

組合員が一緒に楽しんで頂けるようにと、東武トップツアーズ(株)の企画する豪華バスで行く「東京宝塚劇場観劇としながわ水族館」を下記の通りご案内申し上げます。

ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、是非ご参加下さいますようお待ち申し上げます。

参加資格:組合員及び賛助会員(本人、本人の家族、従業員、従業員の家族)

参加人数:先着49名(組合員店舗3人まで、賛助会員店舗2人まで参加できます)
定員を超えた場合は、キャンセル待ちとなります。

旅 行 先:9:00藤沢駅==10:15頃東京宝塚劇場ミュージカル『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』・ショー・スペクタキュラー 『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』(観劇S席昼食代11,040円)途中幕間で昼食==14:30しながわ水族館15:30==16:50頃藤沢駅(ペットボトルお茶1本付)

実 施 日:平成29年9月9日(日) 雨天決行

集合場所:藤沢駅南口藤沢OPA前

集合時間:藤沢駅南口 午前8時45分 時間厳守

会  費:大人(中学生以上)7,500円 子供(3歳〜小学生)4,000円 3歳未満は無料(親と同席)

お申込方法:7月20日までにFAX、又は郵送で藤沢薬業協会事務局までご連絡ください。
会費は8月20日までに事務局に御持参ください。
TEL 0466-22-8664 FAX 0466-23-5898
バス席は自由席(先着順)となります。

キャンセル:7月末日 までに事務局に連絡してください、それ以降は返金しません。


● 平成30年度 藤沢薬業協会研修旅行のご案内(申込書付)
 「東京宝塚劇場観劇としながわ水族館」

 PDFダウンロードword Wordファイルダウンロード

登録販売者継続研修の参加者募集

平成24年4月1日より、一般用医薬品販売に従事する全ての登録販売者は資質向上のための外部研修(12時間以上)が義務付けされました。

この継続研修会は厚生労働省が示したガイドラインに添って学習実施要項を決め、登録販売者の研修事業を推進するものです。

※オンクリックで拡大表示

まだ、どこの継続研修会にも参加していない登録販売者でも間に合いますので是非、参加くださるようお願いします。

●カリキュラム

第1回:

①地方行政の話/リスク区分の変更があった医薬品/薬事関係法規・制度、医薬品の適正使用・安全対策 【講師 山崎康宏:1時間】

②胃腸薬・整腸、止瀉薬(便秘薬) 【講師 青木敏朗:1時間30分】

③解熱鎮痛薬、総合感冒薬、鎮咳去痰薬 【講師 柘植敬子:1時間30分】

④虫さされ、痒み止め用薬、虫除け薬 【講師 今井孝浩:2時間】

第2回:

①薬事関係法規・制度、医薬品の適正使用・安全対策、登録販売者として求められる理念、倫理、関連法規等 【講師 美濃口豊:1時間30分】

②眼科用薬 【講師 柘植敬子:1時間 30分】

③点鼻薬、鼻炎内服薬 【講師 後藤君代:1時間 30分】

④漢方薬 【講師 福島勇二:1時間 30分】

●受付人数
先着80名(2回受講される方が優先となります)

●曜日・時間
第1回 平成30年11月11日(日) 13時〜19時30分
第2回 平成31年 2月17日(日) 13時〜19時30分

●講習会場
藤沢市薬事センター 2F 会議室

●受講料
 事前振込または事前持参(11月9日までにお支払下さい。理由の如何にかかわらず、お支払後の返金には応じられませんので、あらかじめご了承下さい。)

 振込先:
横浜銀行 藤沢支店 普通預金0133395
口座名 協同組合藤沢薬業協会
持参先:藤沢市薬事センター
 組合員・賛助会員(家族・従業員含む)1日間3,000円 2日間6,000円
 組合員,賛助会員以外 1日間5,000円 2日間10,000円

テキストには「今日のOTC薬 改訂第4版(南江堂)」(定価3,800円税別)を使用しますので各自ご用意ください。

●申し込み・問い合わせ :
藤沢市薬事センタ−
〒251-0052 藤沢市藤沢921番地TEL.0466-22-8664 / FAX.0466-23-5898

※通常開所時間は平日(月〜金曜日)8:30〜17:00です。

※研修日当日、車での御来場は付近の有料駐車場をご利用ください。

登録販売者継続研修 参加申込書

第11回 登録販売者試験 直前対策セミナー

いよいよ9月9日の平成30年度神奈川県登録販売者試験が近づいてきました。登録販売者試験の受験資格が変更され、誰でも受験できるようになりました。

6日間受けただけで確実に合格に近づける直前対策セミナーを開催します。また、復習したい登録販売者(修了証あり)や薬学生も歓迎します。

●講師

1.医薬品に共通する特性と基本的な知識 美濃口 豊
2.人体の働きと医薬品 今井 孝浩
3.主な医薬品とその作用 福島 勇二、青木 敏朗
4.関係法規・制度 後藤 君代
5.医薬品の適正使用・安全対策 ササ山 実紀

●参考書は、登録販売者試験受験対策 共通テキスト(2018年度版)
上・下巻 6,680円 電話045-478-5453

●受付人数:先着20名(5名未満の場合は中止になる事があります。)

●曜日・時間

6月23日(土) 20時~無料模試(今井)
7月 8日(日) 10時~17時(今井・ササ山・後藤)
7月28日(土) 20時~模試(今井)
8月5日(日) 10時~16時30分(美濃口・青木)
8月19日(日) 10時~15時(福島)
15時~模試(今井)
8月25日(土) 20時~模試(後藤・ササ山)

●講習会場:藤沢市薬事センター 2F

●受講料:
組合員・賛助会員(家族・従業員含む)6日間 8,000円 1日だけ受講 3,000円
組合員・賛助会員以外 6日間 12,000円 1日だけ受講 4,000円
薬学生 6日間 4,000円(学生証提示してください)
6月23日(土)の無料模試だけでも受験できます。

●申し込み・問い合わせ:申込書をFAXにて送信してください。
車での御来場は付近の有料駐車場をご利用ください。

■平成29年度神奈川県登録販売者試験概要
 試験日:9月9日(日)
 場 所:國學院大學 たまプラーザキャンパス・麻布大学
 申し込み受付期間:成30年5月21日(月)から6月22日(金)

■協同組合 藤沢薬業協会
 〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢921番地
 TEL.0466-22-8664 / FAX.0466-23-5898

登録販売者試験 直前対策セミナーと無料模試申込書