第3回 薬局セミナー開催のご案内

協同組合 藤沢薬業協会 会長 福島 勇二

謹啓 時下、先生方におかれましては御清祥のこととお慶び申し上げます。平素は藤沢市の薬局、薬店の発展に御尽力賜り厚く御礼申し上げます。

さて、厚生労働省が推進する地域包括ケアシステムにおいて保険薬局は『かかりつけ薬局』・『健康情報拠点薬局』として機能することが求められています。また、薬剤師、登録販売者の知識向上の一助になればと思い、勉強会を企画させていただきました。ご多忙の折、誠に恐縮に存じますが、万障お繰り合わせのうえご出席賜りますようお願い申し上げます。

なお、藤沢薬業協会の組合員及び賛助会員とその従業員は無料(1店舗5名まで)ですが、非会員は受講料1000円をいただきます。

“第3回 薬局セミナー開催のご案内”の続きを見る

漢方の相談室~INDEX

※これらの『おくすり相談事例』は薬剤師・鍼灸師の福島勇二先生が湘南朝日に連載したコラム『漢方の相談室』より転載したダイジェスト版です。

直近の掲載コラム

秋の長引く咳

生脈散

聴力低下とめまい

ストレスによる蕁麻疹

「紅豆杉」で免疫力を強化

冷えによる生理痛

エコノミー症候群の予防

高齢者の膀胱炎

小児のアトピー性皮膚炎

認知症の予防

病気をしない健康法

統合失調症

ニキビ

痛風発作とその予防

喘息と花粉症

fukushima

“漢方の相談室~INDEX”の続きを見る

薬の基礎知識~INDEX

薬と上手に付き合うための基礎知識(21):骨粗鬆症に係る薬編 

薬と上手に付き合うための基礎知識(20):抗生物質・抗菌薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(19):男性のトイレに係る薬

薬と上手に付き合うための基礎知識(18):睡眠薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(17):胃薬(胃腸機能調整薬)編

薬と上手に付き合うための基礎知識(16):胃薬(消化性潰瘍治療薬)編

薬と上手に付き合うための基礎知識(15):消毒薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(14):抗血栓薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(13):手指消毒薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(12):服用補助製品編

薬と上手に付き合うための基礎知識(11):吸入薬(エアゾール剤)編

薬と上手に付き合うための基礎知識(10):吸入薬(ドライパウダー)編

薬と上手に付き合うための基礎知識(9):肛門坐薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(8):点耳薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(7):点鼻薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(6):うがい薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(5):貼付剤編

薬と上手に付き合うための基礎知識(4):点眼薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(3):塗布薬編

薬と上手に付き合うための基礎知識(2):お薬服用編

薬と上手に付き合うための基礎知識(1)

ジェネリック医薬品II

ジェネリック医薬品Q&A

OTC薬って何?

登録販売者ワンポイント講座〜「虫さされ・痒み止め用薬、虫除け薬」

〜薬剤師 今井 孝浩〜

虫刺されの主な症状は、痛み、かゆみ、その他に腫れや発赤、水ぶくれなどのアレルギー反応である

●アレルギー反応

即時型 虫に刺されて直ぐに痒み、腫れ、紅班、ショック
遅延型 虫に刺されて直ぐに痒み、腫れ、紅班、ショック

●痒み止め用薬

痒み 抗ヒスタミン薬
炎症を伴う 副腎皮質ステロイド

●原因虫

吸血 蚊、ノミ、ブユ、アブ、ダニ
刺す アリ、ハチ
接触 毒蛾、毛虫
咬む クモ、ムカデ

●虫除け

蚊など吸血害虫は動物の呼気や皮膚呼吸により放出する炭酸ガス(CO2)を感知することで吸血源を探知する。

○虫除け(ディート)の虫除け効果

ディートは塗布した皮膚から蒸散し、蚊などの触覚に作用、炭酸ガスを感知しにくくする。
(アリ、ハチ、ムカデ、毛虫など、炭酸ガス誘引性でない虫には効果がない)

ディート 広範囲の吸血性節足動物に有効 皮膚刺激、合成繊維に影響.使用に対して年齢制限
イカリジン ディートに比べ皮膚刺激・合成繊維に対する影響少ない

ディートの年齢制限

12%以下 30%
6ヶ月未満 使用しない 使用しない
6ヶ月以上2歳未満 1日1回
2歳以上12歳未満 1日1~3回

薬の休憩室(第21回):~戸隠神社五社めぐり

(Y.M)

戸隠神社は長野駅から路線バスで1時間の山深い場所にあるので公共交通機関で行くのはとても大変です。二千年余りに及ぶ歴史を刻む戸隠神社は、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社から成り立っています。 霊山とされる戸隠山は、平安時代から修験道が行われ、日本有数の霊地として知られてきました。樹齢400年~800年を超える杉並木の間に江戸時代まであった大講堂や院坊跡の石積みも見られ、修験道が盛んだった名残も見られます。

伊勢神宮の天照(アマテラス)大御神は弟の素戔男(スサノオ)の乱暴に激怒して天の岩戸に引きこもってしまいます。困った八百万の神々は、智恵の神である思兼(オモイカネ)のもとに集まって天照を外に連れ出すため話し合います。

芸能の神である鈿女(ウズメ)に舞を踊らせてドンチャン騒ぎをし、気になった天照が岩戸を少し開いたとたんに、力持ちの神である手力雄(タヂカラオ)が岩戸を投げ飛ばして、天照を外に引き出し、世の中に光が戻ったとされています。投げ飛ばされた岩戸が飛来して、山になったといわれているのが、舞台となる戸隠山です。

荒々しい岩肌がそそりたつこの山の周りには戸隠五社が鎮座し、天の岩戸神話で活躍された神様がお祀りされています。

  • 力持ちの神【手力雄(タヂカラオ)】
  • 芸能の神【火之御子社:鈿女(ウズメ)】
  • 智恵の神【中社:思兼(オモイカネ)】
  • 安産の神【宝光社:表春(ウワハル)】
  • 縁結びの神【九頭龍社:毒龍】

7月中旬に始発で新宿に向かい、7時に新宿を出発して2回の休憩を入れ、12時半に戸隠奥社の駐車場に着きました。参拝時間は2時間しかありません。駐車場から大鳥居を抜けると参道の両脇に湧き水のせせらぎが聞こえ、鳥の囀りが聞こえます。藁葺き屋根に草が生い茂っている随神門を潜ると樹齢数百年の杉並木が続きます。

tgks01
tgks02

随神門と杉並木

tgks03

九頭龍社

息を切らしながら階段を上がると日本の九頭龍神社の元締めの九頭龍社、奥社が表れ、参拝して元の大鳥居に戻ります。

tgks04
tgks05

奥社にある神話の絵

そしてバスで15分移動して階段を270余段登り宝光社でお参りし、戸隠古道の神道を通って火之御子社に着きます。そして家々を抜けると中社が殿と構えています。

tgks06
tgks07

宝光社

tgks08

火之御子社

tgks09

中社

tgks10

この周りには院坊旅館の家並みと戸隠蕎麦屋が点在しています。参拝で疲れた体に嬉しいのが「戸隠蕎麦」です。ぼっち盛りという独特な盛り方で、各宿坊や蕎麦屋にそれぞれの手法が伝わりますので、同じ戸隠蕎麦でもお店によって食感が違います。

蕎麦がなくなると閉店のため、やっと見つけた「うずら家」の戸隠蕎麦を食べて1時間半のタイムリミット、16時35分に中社を出発して新宿へ帰る弾丸バスツアーです。帰りは渋滞の為、22時半に新宿に着き、自宅には24時過ぎでした。お土産は、そば饅頭と戸隠蕎麦です。

薬と上手に付き合うための基礎知識(21)

〜薬剤師~金子 昌弘〜

骨粗鬆症に係る薬編

高齢化に伴い骨粗鬆症は年々増加すると言われています。椎体(背骨)、橈骨(とうこつと読み手首)、上腕骨(腕のつけね)、大腿骨近位部(足のつけね)などが特に骨折を起こしやすく、骨折により生活の質を大きく損なう可能性があります。

脆弱性骨折として椎体骨折または大腿骨近位部骨折がある場合は、骨粗鬆症と診断します。その他の部位の骨折がすでにある場合で、骨密度がYAM(young adult mean:若年成人平均値)の80%未満を、また脆弱性骨折がない場合には、YAMの70%以下を骨粗鬆症と診断します。また血液や尿の検査で骨代謝マーカーを測定することで、骨代謝の状態が分かるようになり、骨粗鬆症と診断して治療を開始することができます。

骨粗鬆症は骨密度を中心とした考えから、現在では骨強度の低下した骨折リスクの高まった疾患としています。骨強度は骨密度と骨質の二つの要因から決まるので、治療方法は骨質を高めるための薬物療法が中心になります。

骨が弱るのは歳のせいだとあきらめたり、私は骨太だから大丈夫、関節や腰などの痛みがないから関係はないと思っている方は多いと思われます。転倒などにより骨折して寝たきりにならないように、必要な治療を行うことが大切です。

今回は骨粗鬆症に係る薬について、分類と特徴、注意点について紹介したいと思います。

骨粗鬆症と生活習慣の関係

カルシウム不足や運動不足、喫煙や飲酒なども関係していると言われます。女性では閉経による女性ホルモンの減少が最も大きな要因になります。またごく一部の薬剤に限られますが、服用により骨粗鬆症を引き起こす可能性があるものもあります。骨形成(新しい骨を作る働き)と骨吸収(古い骨を壊す働き)のバランスが悪くなることで起こります。

骨粗鬆症治療薬

ビスホスホネート製剤、選択制エストロゲン受容体作動薬(SERM)、抗RANKLモノクローナル抗体、活性型ビタミンD3製剤、カルシトニン製剤、副甲状腺ホルモン製剤など様々な治療薬があります。大別すると骨吸収を抑える骨吸収抑制薬と骨の材料を補う薬、および骨形成を高める骨形成促進薬に分かれます。

薬剤を選択する際には、古い骨を壊す働きの状態を調べる骨吸収マーカー(TRACP-5b、NTX、CTXなど)、および新しい骨を作る働きを調べる骨形成マーカー(P1NP、BAPなど)の測定をすることが大事です。骨代謝マーカーが高い場合は骨吸収抑制薬を、低い場合には骨形成促進薬を使用します。

骨粗鬆症治療薬の分類

骨吸収抑制薬 主な薬物の一般名
ビスホスホネート製剤 アレンドロン酸ナトリウム水和物、リセドロン酸ナトリウム水和物、ミノドロン酸水和物、イバンドロン酸ナトリウム水和物
選択制エストロゲン受容体作動薬 ラロキシフェン塩酸塩、バゼドキシフェン酢酸塩
カルシトニン製剤 エルカトニン、サケカルシトニン
女性ホルモン製剤 エストラジオール、エストリオール
抗RANKLモノクローナル抗体 デノスマブ
骨形成促進薬 主な薬物の一般名
カルシウム製剤 L-アスパラギン酸カルシウム水和物、乳酸カルシウム水和物
活性型ビタミンD3製剤 アルファカルシドール、カルシトリオール、エルデカルシトール
ビタミンK2製剤 メナテトレノン
イプリフラボン製剤 イプリフラボン
副甲状腺ホルモン製剤 テリパラチド酢酸塩、テリパラチド

他院受診時などの前に必ず報告してください

ビスホスホネート製剤は、現在骨粗鬆症治療の第一選択薬ですが、歯科治療で抜歯などの治療を行う場合には、計画的に休薬などを行うことがあります。内科などで骨粗鬆症の予防のために服用していた活性型ビタミンD3製剤やカルシウム剤と、整形外科で骨粗鬆症の治療のために服用する薬が重なってしまうこともあります。メナテトレノンは抗凝固薬のワルファリン(ワーファリン)の効果を著しく低下させるため、特に注意が必要です。

他の診療科の病院を受診する際には、服用している薬を正しく伝えるために、お薬手帳を使用してください。市販の薬を購入する際にも、お薬手帳を忘れないようにしてください。

薬の注意点など、不明な際は薬剤師に確認を

骨粗鬆症の治療は、効果が得られるまでには時間がかかるものです。医師の指示を守り根気よく服用していくことが大切です。

ビスホスホネート製剤は、現在骨粗鬆症治療薬の中心的な薬剤になりますが、薬の吸収を保つために、起床後など空腹時で服用することが必要です。服用後には一定時間は水以外の飲食を避けて、また胃腸障害を予防するために一定時間横にならないようにするなどの制限があります。既往歴などによる病状のために、服用の際の制限を守ることが困難な場合には、注射製剤などで治療することもあるので、医師に相談するようにしてください。

またビスホスホネート製剤は、数年にわたり長期服用しない方がいいのではと質問を受けることがあります。お話を伺うと、自分と同じビスホスホネート製剤を服用している知人の方が、医師から長期服用しているから一時終了すると指示を受けたことを聞いて、自分も同じようにした方がいいのではと思われたようです。

定期的に骨強度を確認して服用を継続するか、一定期間の休薬を行うかは医師が判断しますので、服用の指示をよく守ることが大切です。

安全かつ有効に薬を使用していただくために、薬の使用法で不明な点がありましたら、薬剤師に確認するようにしましょう。。

※参考文献:骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版

漢方の相談室~秋の長引く咳

秋から冬にかけ、朝と夕の気温差が大きくなり、風邪でもないのに、長引く咳に悩んだことはありませんか。この悩みを抱える多くの人は寝汗をかきやすい、のどや口、目が乾きやすい、乾燥肌などの症状として現れます。加齢とともにその症状が重度化し、睡眠不足やストレス、疲労、喫煙などで悪化します。秋になり、空気が乾燥してくると症状が出やすくなります。このような場合には「八仙長寿丸」がおすすめです。この漢方薬は腎を養い、若返らせることで有名で、肺の機能する力を強くすることによって咳の症状を和らげます。

他にも、のどの痛みが強かったり、熱のこもったような咳が出るという場合には「養陰清肺湯」がおすすめです。これはのどの痛みや咳のほかにも、カラオケなどで疲弊したのどの治療薬としても最適です。

『漢方の相談室』一覧へもどる

“漢方の相談室~秋の長引く咳”の続きを見る

登録販売者試験キーワード講座〜「人体の構造と働きⅠ(消化器系・呼吸器系)」

〜薬剤師 今井 孝浩〜

例)

人の体の一番小さい単位が( ① )で、細胞が集まって( ② )を作り、組織が集まって、特定の働きをする( ③ )を形成、器官が集まって協働し、一つの機能を持ったものを( ④ )と言う。

①細胞

②組織

③器官

  • ○胃・腸、肝臓、肺、心臓、腎臓等、内臓器官
  • ○目・鼻・耳等、感覚器官
  • ○皮膚、骨・関節、筋肉等、運動器官
  • ○脳や神経器官

④器官系

●消化器系

食べ物を消化して生命維持に必要な栄養分を吸収し、残ったものを排出する器官。
口腔から肛門まで続く約9mの管。消化には消化腺から分泌される消化液による化学的消化と消化管等の運動による機械的消化がある。

  • 口腔:歯「歯根・歯茎・歯冠・エナメル質・象牙質」エナメル質は体で最も硬い部分。
  • 咽頭:喉頭より上にあり、食道と気管の交わるところ(両方に属す)。
  • 食道:上下端に内容物の逆流を防ぐ括約筋、消化液の分泌無い。
  • 胃:胃酸・ペプシノーゲン・ペプシン(タンパク質を分解)・ペプトン・胃粘液。
  • 小腸:6~7m、十二指腸・空腸・回腸、絨毛有。
  • 大腸:1.5m、盲腸・虫垂・上行結腸・横行結腸・下行結腸・S字結腸・直腸、絨毛無い。
  • 消化腺:膵臓「弱アルカリ・膵液・血糖値を調整するホルモン(インスリン・グルカゴン)」。
        
    • 胆嚢「胆汁を濃縮して蓄える(胆汁は肝臓で作られる.)」
    • 脾臓「血液から古くなった赤血球を処理」
    • 肝臓「胆汁生産、アミノ酸生合成(必須アミノ酸以外)、グリコーゲン貯蔵、脂溶性・水溶性ビタミン(B6/B12等)の貯蔵、有害物質を代謝(アンモニア→尿素・アルコール→アセトアルデヒド→酢酸)
    • 消化:
      でんぷん(炭水化物)
      「ブチアリン(唾液アミラーゼ)、デキストリン、麦芽糖、アミラーゼ)、ブドウ糖、グリコーゲン」
      タンパク質
      「ペプシン。ペプトン、トリプシン、アミノ酸」
      脂質
      「トリグリセリド、リパーゼ、脂質に再形成、乳状脂粒(カイロミクロン)」
    •     

●呼吸器系

呼吸「空気と血液とのガス交換」を行う。

  • 上気道:「鼻腔、咽頭(消化管と気道の両方に属す)、喉頭)」
  • 下気道:「気管、気管支(肺胞・血液中の二酸化炭素と呼気中の酸素とのガス交換、肺(筋組織は無く、横隔膜・肋間筋により拡張・収縮」

○循環器系

○泌尿器系

○脳・神経系

薬の休憩室(第20回):~湯河原のパワースポット

(Y.M)

一泊二日で知り合いの湯河原温泉の大野屋旅館に泊まり、パワーを貰いリフレッシュしてきました。もちろん露店風呂と食事も湯河原パワーの源です。

一般社団法人湯河原温泉観光協会

幕岩パワー 幕山公園駐車場有

ygw01

頼朝主従に危機が次々に襲ってきた山中では、土肥の大杉・小道地蔵(頼朝寺)・しとどの窟などで危機を乗り切りました。奇跡を起こした頼朝を見守った幕山公園の幕岩は、マグマと直結する柱状節理で大地のエネルギーが露出しています。

楠木パワー 五所神社駐車場有

ygw02

五所神社の鳥居をくぐり階段を登ると右側に聳える樹齢約850年の御神木の楠が有ります。天照大神 (あまてらすおおみかみ)の力を授かり大樹に育ち御神木となり神社を訪れる方に健康・長寿・ボケ防止の力を与えると云われております。
樹齢推定850年 樹高36m 胸高周囲8.2m

柏槙(びゃくしん)パワー 成願寺駐車場有

ygw03

城願寺の柏槙(びゃくしん)は土肥実平の手植えの木と云われ、この寺には土肥一族の墓所などがあります。源頼朝や土肥実平らが平家討伐の出陣を見守り、石橋山合戦に敗れ山中に逃れた頼朝主従七騎が無事に房総半島へ逃れるのを見守った樹齢800年の国指定天然記念物です。

“薬の休憩室(第20回):~湯河原のパワースポット”の続きを見る

薬と上手に付き合うための基礎知識(20)

〜薬剤師~金子 昌弘〜

抗生物質・抗菌薬編

A群β溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症や百日咳、中等症または重症の急性鼻副鼻腔炎など細菌が原因で起こる感染症に対して抗生物質・抗菌薬が使われます。…今回は病名や病状が記載されていることに気付かれたでしょうか?

“風邪をひいたようなので抗生物質をください!”…抗生物質を以前風邪などで服用したことがある方は多いと思います。しかし今、抗生物質・抗菌薬は慎重に使用するようにと使用基準を厳しく改めています。

風邪の原因の多くはウイルス感染であり、抗生物質・抗菌薬は効きません。抗生物質・抗菌薬は細菌感染を治療する薬です。※1 今回は抗生物質・抗菌薬と処方された薬の正しい使い方について紹介します。

抗生物質・抗菌薬の選択と働き

細菌検査を行い起炎菌が断定されれば、その細菌に対して最も有効な薬剤を選べますが、細菌の種類によって時間がかかる場合があります。急を要する場合では、

①症状を起こしている感染症に対して、起炎菌はどのようなものが多いか

②その細菌に対して耐性頻度の少ない薬剤は何か

③感染を起こしている部位に移行しやすい薬剤は何か

④使用する患者さんの生理機能などを考慮して副作用の少ない薬剤かどうか、などを医師が症状から判断して薬剤を選択して使用します。

また抗生物質の効き方には細菌を直接殺す殺菌タイプと細菌の増殖を抑える静菌タイプに分かれます。細菌の細胞壁を合成する酵素を抑えて細胞壁の合成を抑える薬剤や、細菌のリボソーム(mRNAから蛋白質を合成する反応を行う細胞内小器官)に結合して蛋白合成を抑える薬剤、細菌のDNA複製を阻害する薬剤などに分類されます。

主な抗生物質・抗菌薬の分類

前立腺肥大症薬 抗菌の作用 主な商品名(一般名)
交感神経選択的α1阻害薬 細胞壁合成阻害薬 アモキシシリン、アンピシリン
セフェム系 細胞壁合成阻害薬 セフカペンピボキシル、セフジトレンピボキシル
カルバペネム系 細胞壁合成阻害薬 テビペネムピボキシル
ホスホマイシン 細胞壁合成阻害薬 ホスホマイシン
アミノグリコシド系 蛋白合成阻害薬 ゲンタマイシン
マクロライド系 蛋白合成阻害薬 クラリスロマイシン、アジスロマイシン
テトラサイクリン系 蛋白合成阻害薬 ミノサイクリン、ドキシサイクリン
リンコマイシン系 蛋白合成阻害薬 クリンダマイシン
ニューキノロン系 DNARNA合成阻害薬 レボフロキサシン、メシル酸ガレノキサシン
ポリペプチド系 細胞膜障害薬 コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム

服用方法と注意点

抗生物質・抗菌薬の服用回数は種類により異なります。薬剤を服用すると吸収されて血液中に含まれ、その後薬剤濃度の最高点(Cmax)になり、代謝・排泄されていきます。

細菌に対して薬物が効くためには血液中の適切な濃度があり、細菌を抑えるための最小発育阻止濃度をMICと言います。薬剤の種類によりCmaxにより効果が高まるものと、MICを長く保つことで効果が高まる薬剤があります。ニューキノロン系はCmaxを高くすることで効果が強くなるため1日に使用する服用量を1回で服用、ペニシリン系やセフェム系はMICを超えた状態を保つことで効果が高まるため1日服用量を複数に分割して服用することが大切です。

抗生物質・抗菌薬を使用するときの注意点

「○○大学病院で抗生剤の効かない△△耐性菌が検出されました」と言うニュースなどを聞いたことがあると思います。今医療界ではAMR(病原体が変化して抗生物質・抗菌薬が効かなくなること:Antimicrobial Resistance)の対策が行われています。もしも何も対策を取らないで現在のペースで耐性菌が増加した場合、2050年には1000万人(3秒に1人 ※2)の死亡が想定され、がんによる死亡者数を上回ることが指摘されています。

抗生物質・抗菌薬は、医師が判断して治療に必要な薬剤を、治療に必要な期間分を処方します。服用量と服用期間を守って最後まで服用するようにしてください。

病状がよくなってきたから抗生物質・抗菌薬の服用を自己判断でやめたり、飲み忘れをしないようにしてください。また残っていた薬を自己判断で使用することも避けなければなりません。アレルギー反応などの副作用を起こした場合やその他の副作用により服用を中止にすることもありますが、医師に報告して適切に指示を受けるようにしてください。

腎機能に応じて服用量が変わることもあります

ニューキノロン系の薬剤では腎機能に応じて服用する量を2分の1程度にするもがあり、またセフェム系の一部やその他の薬も減量する必要があるものがあります。もしも腎機能の低下を指摘されている場合は、医療機関受診時には必ず伝えるようにしてください。

相互作用にも注意が必要です。他剤を服用中の場合は薬剤師に確認を

ニューキノロン系はアルミニウムやマグネシウムを含んだ制酸剤などや鉄剤と同時に服用すると、吸収が低下することがあります。またセフェム系のセフジニルは、鉄剤と同時服用で吸収が約10分の1まで低下します。服用時間をずらして服用することで対処します。クラリスロマイシンでは一部の薬剤とは使用できないものがあるので必ず併用薬は確認することが大事です。

抗生物質・抗菌薬は医師の指示を守り適切に使用することが大切です。有効な服用法や相互作用に注意して、安全に使用していただくために何か不明な点がありましたら、薬剤師に確認して適切に使用するようにしましょう。

※1 厚生労働省 抗生物質・抗菌薬への薬剤耐性対策資材より

※2 英国薬剤耐性に関するレビュー委員会第一次報告(2014年12月)