薬と上手に付き合うための基礎知識(23):インフルエンザ治療薬  薬と上手に付き合うための基礎知識(22):残薬の問題と対処方法編 薬と上手に付き合うための基礎知識(21):骨粗鬆症に係る薬編 薬と上手に付き合うための基… Read More


〜薬剤師~金子 昌弘〜 インフルエンザ治療薬 インフルエンザは例年11月下旬頃から始まり、12月中旬頃に流行期に入ります。1月から3月がピークとなり、その後患者数は減少してきます。症状は38℃以上の高熱と倦怠感、筋肉痛や… Read More


〜薬剤師~金子 昌弘〜 残薬の問題と対処方法編 服用している薬の残りの数にバラつきがあり揃っていない。以前もらった薬だが、いずれ使用するかもしれないので保管していた。症状に合わせて使用する薬のため残りがあるが、受診ごとに… Read More


〜薬剤師~金子 昌弘〜 骨粗鬆症に係る薬編 高齢化に伴い骨粗鬆症は年々増加すると言われています。椎体(背骨)、橈骨(とうこつと読み手首)、上腕骨(腕のつけね)、大腿骨近位部(足のつけね)などが特に骨折を起こしやすく、骨折… Read More


〜薬剤師~金子 昌弘〜 抗生物質・抗菌薬編 A群β溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症や百日咳、中等症または重症の急性鼻副鼻腔炎など細菌が原因で起こる感染症に対して抗生物質・抗菌薬が使われます。…今回は病名や病状が記載されてい… Read More


〜薬剤師~金子 昌弘〜 男性のトイレに係る薬編 トイレが近いことを歳のせいだと思いあきらめていたり、恥ずかしくて相談できなかったりしている方は多いと思われます。 過活動膀胱という病気や、男性では前立腺肥大による症状の場合… Read More


〜薬剤師~金子 昌弘〜 睡眠薬編 眠れない=不眠、対応策としての薬は睡眠薬、でも依存性が怖いから服用したくない、効かなかったら強い薬になるのかしら?などよく質問される内容です。 不眠症は寝つきが悪い「入眠障害」、眠りが浅… Read More


〜薬剤師~金子 昌弘〜 胃薬(胃腸機能調整薬)編 胃の違和感や吐き気、食欲不振、おなかが張る感じなどは、胃粘膜の状態に関係なく別の原因により起こすことがあります。前回号で紹介した攻撃因子抑制薬や防御因子増強薬を使用してい… Read More


〜薬剤師~金子 昌弘〜 胃薬(消化性潰瘍治療薬)編 胃の内壁は粘膜に覆われています。粘膜は防御因子として、胃酸やペプシンなどの攻撃因子から内壁を守る働きをしています。不規則な生活やストレス、痛み止めなどの使用により、防御… Read More


〜薬剤師~金子 昌弘〜 消毒薬編 例年寒くなるとウイルス感染の話題が多くなります。実際ノロウイルスやロタウイルスなどによる感染性胃腸炎は、11月から2月までが流行のピークになります。重ねて寒くなり空気が乾燥してくるとイン… Read More