藤沢の科学者~薬剤師の仕事〜スポーツファーマシスト

〜薬剤師 金谷 晃子〜

東京オリンピックも開催が決まりました。スポーツに関心を持つ人やこれから目指していくひとがたくさん出てくると思います。

皆さんはドーピングというとよくテレビのオリンピックや国際試合で耳にしますね。
勝ったと思った選手がドーピング検査で反応陽性と判断されると失格になる話です。

実はあなたもアスリートで、勝ち進んでいけば、ドーピング検査受けてくださいといわれる日が来るかもしれません。

ドーピングは意外に身近になっています。国体レベルの競技会、国際試合になれば検査を受けることが求められることがあります。

ドーピングとは薬物で選手の能力を必要以上に高めて、競技を有利に勝つためにする行為に対して行われます。体に残っている薬物を検査します。この行為は公平でなくスポーツの精神に反する行為です。しかも選手の体に影響があるのです。でも、持病があり、治療しないといけない症状が出てきたとき薬が使えませんでは、そのまま放置してしまうと体調は悪く、病気は悪化し、選手生命も絶たれることになります。日常の生活にも影響が出ます。たとえば試合直前風邪を引いて風邪薬を飲んだら使用禁止薬剤が入っていたなんてことになったら、せっかくの苦労してきたことがすべて駄目になってしまうこともあるのです。

ドーピング検査は試合の公平性を保つためにする検査です。薬を正しく、ドーピングとならないようにするためには正しい知識と身近にいるスポーツファーマシストに相談しましょう。

アスリートを応援するためアンチ・ドーピング協会があります。そのHPではドーピング検査の手順、競技種目も載っています。

使用禁止薬剤や治療のための薬剤使用の手続きの方法も掲載してあります。各都道府県別にいるスポーツファーマシストがわかります。

正しい知識を身につけ、真の栄光をつかみましょう!!
スポーツファーマシストはそんなあなたを応援します!!

詳しくはアンチ・ドーピングホームページまで。

※ 2015年1月1日より大きな改定がある予定です。禁止物質や注意すべき薬物等も変わる可能性がありますので、今後の変更にご注意ください