薬の休憩室(第12回):難攻不落の小田原城散歩

(Y.M)

曇よりした3月6日の日曜日に小田原駅東口のお城通りを抜け難攻不落の小田原城に向かいます。800m歩き小田原城に着くと御用米曲輪は発掘調査中で、天守閣は4月下旬まで耐震改修工事で休館中でした。城内の河津桜が満開で、北条五代と武具甲冑展を開催していました。大河ドラマ真田丸で北条氏政、氏直親子が良い味出しています。

昼食は国登録有形文化財のだるま料理店か、江戸末期創業の鰻屋松琴楼か、悩みましたが松琴楼に入りました。生ビールを頼み、骨せんべいが美味しくて食べ始めると止まらない。うな重は140g、200g、230g、250g、300gと重さで分かれており、「並」なら200gか230g。タレは薄めで上品なふっくら焼き。タレの増量を好む方には別途ついてきます。お腹がすいた人には嬉しい大盛が無料です。次回はだるま料理店のごま油の天ぷらを食べます。

久しぶりに守谷のアンパンをお土産にしようと寄ったのですが、日曜日は休みでした。残念。餡子が多くて薄皮の人気駅前店です。

小田原城HP