漢方の相談室~「紅豆杉」で免疫力を強化

「人生100年時代」と呼ばれる昨今は、年齢を重ねても、いきいきと過ごされている方が多くいらっしゃいます。病気やケガに負けない身体づくりのためには、免疫力や自然治癒力を高めることが大切です。

イチイ科の生薬「紅豆杉(こうとうすぎ)」は、別名「白豆杉(はくとうすぎ)」とも呼ばれ、秦の始皇帝が探し求めた不老長寿の妙薬として、当時の書物に記載されています。標高4000mの厳寒地帯に自生する極めて生命力が強い樹木で、その稀少さから門外不出とされ、中国では王室専用、日本でも皇室専用の仙樹として愛飲されてきました。

現在は大学や国際的な学会で、がんやリウマチ、アレルギー疾患などの関連性が発表され、科学的根拠に基づいて免疫賦活作用が明らかになっています。飲みやすい錠剤や煎じで継続服用している方もいらっしゃいます。病気に負けない身体づくりのために、漢方を上手にご活用下さい。

『漢方の相談室』一覧へもどる次へ

※これらの『おくすり相談事例』は薬剤師・鍼灸師の福島勇二先生が湘南朝日に連載したコラム『漢方の相談室』より転載したダイジェスト版です。