藤沢の科学者~薄着の季節へ

〜薬剤師 金谷 晃子〜

暖かくなって少しボディが気になる方へ。

ボディスクラブを作ってアロマオイルでお手入れしてみましょう。

簡単に入手できる天然塩、アロマオイルとオリーブ油をつかった方法をご紹介します。

天然塩はミネラルが多くの種類はいっています。皮膚へのなじみもよく、発汗作用もあります。

これに利尿作用や、新陳代謝をよくするアロマオイルを加えればボディスクラブができます。

気になる部分をマッサージしましょう。

●用意するもの(作りやすい分量):

天然塩(粒の細かいものののほうが刺激がすくない)…大匙4杯、

オリーブ油(食用でないもののほうがよい)…大匙2杯、

アロマオイル(後述)…10から12滴、あれば乳鉢、乳棒(なければボウルと泡だて器)

1.天然塩を乳鉢にいれて粒が粗ければ細かくする。

2.オリーブ油を加えてさらに混ぜる

3.アロマオイルを1滴ずつ加えては混ぜてを繰り返してなじませる。

適量を手にとってボディの気になるおなか周りやお尻や太もも、二の腕などをマッサージします。その後はお湯で流してください。肘や膝、踵に使っても良いです。

注意)塩を用いているので目の周りや粘膜には使わないでください。皮膚の弱い方はしみる可能性があります。

おすすめアロマ

ジュニパーベリー

サイプレス

パイン(松)

*グレープフルーツ

*オレンジ・スイート

*マンダリン

*レモン

*柑橘系は、つけたあと日光にあたると赤くなったり、しみになる可能性があります。 できれば12時間くらいは直接あたらないようにしましょう。

参考:アロマテラピーバイブル 成美堂出版