藤沢の科学者~衣替え

〜薬剤師 富山 穣〜

         

そろそろ花粉症もピークとなり、暖かい日も増えてきました。半袖になるような日も増えてくるのではないでしょうか? 季節に合わせた衣類を選び、体調管理をしていきましょう。

そこで、今回は“衣替え”についてのお話をいたします。

“藤沢の科学者~衣替え”の続きを見る

藤沢の科学者~INDEX

“藤沢の科学者~INDEX”の続きを見る

藤沢の科学者~薬剤師の仕事〜スポーツファーマシスト

〜薬剤師 金谷 晃子〜

東京オリンピックも開催が決まりました。スポーツに関心を持つ人やこれから目指していくひとがたくさん出てくると思います。

皆さんはドーピングというとよくテレビのオリンピックや国際試合で耳にしますね。
勝ったと思った選手がドーピング検査で反応陽性と判断されると失格になる話です。

実はあなたもアスリートで、勝ち進んでいけば、ドーピング検査受けてくださいといわれる日が来るかもしれません。

ドーピングは意外に身近になっています。国体レベルの競技会、国際試合になれば検査を受けることが求められることがあります。

“藤沢の科学者~薬剤師の仕事〜スポーツファーマシスト”の続きを見る

藤沢の科学者~肩こりに活用! アロマテラピー

〜薬剤師 金谷 晃子〜

肩こりは…

筋肉痛のような痛み、重い・だるい痛みが肩周囲の首・頭・背中・腕に広がります。長時間一定の姿勢でいると姿勢が悪くなり筋肉の均衡をくずして、血行不良で疲労物質がたまり、疲労を招き肩こりの原因になります。

頚椎のずれ、心臓の病気による、他病気によるものもあるので
改善しない場合は診察を受けてください。

“藤沢の科学者~肩こりに活用! アロマテラピー”の続きを見る

藤沢の科学者~微小粒子状物質、「PM2.5」とは、何なのでしょうか?

〜薬剤師 青木 敏朗〜

皆さん、「PM2.5」という単語、ご存じですか?

昨年の春ごろからメディアを賑わしているので一度ならずとも見たり聞いたりがあるのではないかと思います。

当時、スギ花粉がPM2.5とくっついて悪玉花粉となり、花粉症患者さんにとってはダブルパンチとなる、なんて報道がありました。

“藤沢の科学者~微小粒子状物質、「PM2.5」とは、何なのでしょうか?”の続きを見る

藤沢の科学者~月経前症候群(PMS)とアロマ

〜薬剤師 金谷 晃子〜

PMSは黄体ホルモンが優位になる排卵日から月経が始まる前に起こる精神的・肉体的症状のことで、人により多様で数日~1週間くらい不調が続きます。イライラ、気分が落ち込む、物事に集中できない、便秘、にきび、頭痛、食欲に変化がある、腹痛など。ホルモンは生体維持のため生体にはかかせないものです。PMSと上手に付き合うためにアロマを使って快適に過ごしましょう。

“藤沢の科学者~月経前症候群(PMS)とアロマ”の続きを見る

藤沢の科学者~アロマオイルを生活にとりいれよう!

〜薬剤師 金谷 晃子〜

スポーツとアロマオイル

スポーツをするとき集中したり緊張をとくためにいろいろな方法をしているのを目にします。

オリンピックの短距離アスリートもスタート前足をブラブラさせて何回も息をふーっと口から吐いて天を仰ぎお祈りをしています。

アロマオイルは集中力を高める作用や、リラックスする効果があると以前ご紹介しました。

嗅ぐ方法もマッサージする方法もあります。

スポーツの前と後でアロマオイルを上手に利用し、楽しく快適にスポーツしましょう。

“藤沢の科学者~アロマオイルを生活にとりいれよう!”の続きを見る

藤沢の科学者~花粉症のアロマ

〜薬剤師 金谷 晃子〜

今年の春は花粉が例年より多く飛び、更に黄砂、PM2.5 、噴霧等、特に今まで全く花粉症出なかった人がいきなりムズムズ、くしゃみの連発になってしまうかもしれませんね。

花粉症にはメガネ、マスク等でしっかりガードして、家に帰ったら花粉を落として、うがい、鼻洗い、眼洗いをして、薬をのんで。毎年のひとも、今年からの人もアロマを使って少しでも快適な生活を送りましょう

“藤沢の科学者~花粉症のアロマ”の続きを見る